Background Image

クレジットカードと総量規制の関連性

Home  /  クレジットカード  /  クレジットカードと総量規制の関連性

クレジットカードと総量規制の関連性

クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象となります。総量規制とは、貸金業法が改正されたときに規制されるようになった、年収の3分の1を超えた借り入れはできないというものです。総量規制は貸金業からの借り入れということになりますから、銀行の借り入れなどは対象外となります。クレジットカードでもショッピング枠の利用では、総量規制の対象外となります。

クレジットカードのキャッシングは、現在持っているカードをそのまま利用することができますから、大変便利であることに間違いありません。現金の持ち合わせがないときに、サッとキャッシュディスペンサーなどから引き出せばよいだけです。ただし、返済をリボ払い方式などにしてしまうとかなりの利息を払う必要がでてきます。クレジットカード即日発行のキャッシングの利息は、銀行などのカードローンやキャッシングに比べて少し高めになっている傾向にあります。

クレジットカードのキャッシングは、少し足りないというときに使うのにちょうどよいものですから、総量規制いっぱいまでそれだけで借り入れしてしまうということはないかもしれません。しかし、他に消費者金融での借り入れがある場合は要注意です。

便利なだけに、ついつい使いすぎるという点は注意しておきましょう。キャッシングを絶対に利用しないという方は、枠を0円にしてしまうという方法もあります。そうすると、ショッピング枠が増やせることになります。

Comments are closed.